第10話 ふたりきりの外出

menu

保護者失格。一線を越えた夜

今 一番人気のコミック 保護者失格。一線を越えた夜を紹介します!

第10話 ふたりきりの外出

⇊無料立ち読みはこちらをタップ⇊


日も変わり、本日は叔父さんと一緒にお墓参りに行く日。準備も万端、さて、行こうとしたときにちづるの携帯が鳴ります。

電話の相手は昨日のキスの相手、吉村くん、ちづるのマンションの下に来ているので来てほしいという内容だったようです。

叔父さんに気を使うちづるですが、「先に駐車場にいるから話が終わったらおいで」とオトナな対応。

ちづるはマンションの下、吉村くんの待つとこまで行くと・・・吉村くん、平謝り・・・・やっぱいいやつですね。


でも、「瀬名のこと好きなのは本当だから」、と改めて告白。

しかし、いいやつな吉村くん、返事はわかってるからいいという、なんとも男らしいというか・・・・

いい人過ぎて好きな人と付き合えないタイプですね吉村くん。

そして吉村くんとの話を終えたちづるは叔父さんの待つ車に戻り、両親の待つお墓まで行くのでした・・・

⇊続きはこちらをタップ⇊


保護者失格。一線を越えた夜の第11話 社内で火照る身体はこちら


あらすじ

つきのおまめ作品

ebookjapan