第22話 舐め合いだけじゃ足りなくて

menu

保護者失格。一線を越えた夜

今 一番人気のコミック 保護者失格。一線を越えた夜を紹介します!

第22話 舐め合いだけじゃ足りなくて

保護者失格。一線を越えた夜
⇊無料立ち読みはこちらをタップ⇊


「お仕置き」叔父さんにアソコを舐められて恥ずかしがりながらも気持ちよくなったちづる。

今度はお返しとばかりに「下手だけど・・・」と思いながらも叔父さんのモノを咥えます。

突然のちづるの行為に驚くも、ちづるのフェラを受け入れる叔父さん。

叔父さんも負けじとちづるを舌で攻め続けます。

たまらず口から叔父さんのモノを出して声を上げるちづる。

そこで叔父さんは「そろそろ・・・・」とちづるの後ろに回り込みます。

最後までしてあげたかったちづるですが、叔父さんも発射してしまうと、もう一回とは行かないです。

気持よくなかった?と心配するちづるにキスをして、「お仕置きはこれでおしまい」

とちづるの上に覆いかぶさります。

「ほら・・・挿れるよ‥‥」

とちょっと窮屈そうなちづるのナカに挿入します

保護者失格。一線を越えた夜
⇊続きはこちらをタップ⇊


保護者失格。一線を越えた夜の 第23話 寝起き姿にそそられてはこちら


あらすじ

つきのおまめ作品

ebookjapan