第2話 もう子供じゃないんだよ・・・・・

menu

保護者失格。一線を越えた夜

今 一番人気のコミック 保護者失格。一線を越えた夜を紹介します!

第2話 もう子供じゃないんだよ・・・・・

⇊無料立ち読みはこちらをタップ⇊


酔いつぶれたちづるが、目を覚ますとソファの上で寝ていました。

額には濡れタオル、目の前にはちょっと怒った叔父さんの顔、そして、着替えた覚えのないパジャマ姿に・・・

はっと我に返り、起き上がろうとしましたが、まだ酔いが冷め切っていないようで、起き上がることができません。

叔父さんには 一気にお酒を飲んだことで叱られます。


しかし、ちづるは、同僚の言った「叔父さんが社内でモテる」という言葉が気になって仕方ありません。

おもわず「叔父さんは結婚とかしないの?」と出た言葉。

しかし、ここでも「子どもがそんなこと気にしなくていいよ」と子ども扱いされてしまうちづる・・・

子ども扱いされると急にムキになるちづる。

食器を洗いに行こうと立ち上がろうとするがバランスを崩してちづるは叔父さんの腕の中へ・・・

そして胸が当たってしまい気になるちづる!しかし、叔父さんは全く気にも留めていない様子・・・・

なんだか悲しい気持ちになり先に寝るのでした。


日付けは変わって、ある雨の日、傘を忘れて行ったちづるはずぶ濡れで帰ってきま

ずぶ濡れで帰ってきたちずるは直ぐに浴室へ。

洋服を脱ぎお風呂に入ろうとするのですが・・・・・・・

⇊続きはこちらをタップ⇊


保護者失格。一線を越えた夜の第3話 どしゃぶり雨の日、お風呂で・・・・・はこちら


あらすじ

つきのおまめ作品

ebookjapan