第29話 熱の名残り

menu

保護者失格。一線を越えた夜

今 一番人気のコミック 保護者失格。一線を越えた夜を紹介します!

第29話 熱の名残り

↓無料立ち読みはこちらをタップ↓


叔父さんの気持ちもわかり仲直りのkissをした二人・・・

でも、ちづるちゃん・・・風邪引いてますよね?

伝染ったらごめんと言おうとするちづるの唇を唇で塞ぐ叔父さん

「おじさん・・・・・・・・しちゃ・・・ダメ?」

風邪を引いてるのに久々に仲直りできた安心感からおねだりしてしまったちづる。

叔父さんもいったん引き止めはしましたが、

「だめじゃないけど・・・・」と結局・・・・濃厚なkissをした後、

「緊張してる?」と、ちづるの背後に回りこむ叔父さん、服の上からちづるの胸を触り、乳首をキュッとつまみます。

指の動作ひとつひとつに反応を示す敏感なちづる。

叔父さんはちづるの体調に気遣いながらも今度はパジャマの上からちづるの下半身に優しく手を当てていきます。

どんどん気持ちよくなっていくちづるでもやっぱり物足りず、

「っ・・・・ちょくせつさわってほし‥‥」とさらなるおねだりを

大胆になっているちづるにちょっと困惑する叔父さんですが、もちろん下着の中に手を入れ、

もうヌルヌルになっているちづるのあそこに・・・・

↓続きはこちらから↓


保護者失格。一線を越えた夜の 第30話 ベッドの上で待ってはこちら




あらすじ

つきのおまめ作品

ebookjapan