第5話 さっきの男とするのか?

menu

保護者失格。一線を越えた夜

今 一番人気のコミック 保護者失格。一線を越えた夜を紹介します!

第5話 さっきの男とするのか?

⇊無料立ち読みはこちらをタップ⇊


学校帰りに買い物しすぎてしまったちづる、重たい荷物を抱えてフラフラ帰っていると・・・・・

学校帰りのイケメンクラスメイト、吉村くんに遭遇します。

イケメンのくせに性格もいい吉村くん、迷わずちづるの荷物を持ってくれます。

そして、自宅の前、マンションの前まで送ってもらうと、叔父さんにばったり鉢合わせ

2人でマンションの中に入りますが、ちづるは昨日の今日ですごく気まずい感じ・・・・何を話そうか・・・・なかなか口が動きません。

しかし、この時叔父さんはちょっと別の事を考えていました。

叔父さんが「さっきの男とはよく一緒にいるのか?」と切り出します。しかし、ここでちづるは叔父さんの真意に気がついてません。

普通に会話ができる!と喜んだのもつかの間「お似合いだな」という叔父さんの言葉で凍りつきます・・・

「ちづるは家族愛と恋愛を勘違いしている」

「ああいうことは本当に好きな人としなさい」

ズケズケとちづるが傷つくことを言ってしまう叔父さん・・・・

いたたまれなくなって家から出ようとするちづるを引き止める叔父さん・・・・

「さっきの男とするのか?」

と聞いたかと思うと・・・・・

⇊続きはこちらをタップ⇊


保護者失格。一線を越えた夜の第6話 下着を脱いで擦り合ってはこちら


あらすじ

つきのおまめ作品

ebookjapan